ローズ 記録更新、12度目の退場

[ 2008年4月10日 06:00 ]

<ソフトバンク・オリックス>6回無死、ローズ(左)が退場処分になり審判に抗議するコリンズ監督(左から2人目)

 【オリックス4―1ソフトバンク】笑顔で迎えるはずだった試合終了の瞬間をオリックスのローズはバスの中で迎えた。6回の打席。2球目の高めの直球をストライクと判定した林球審に「ファッキン・ストライク!」。その一言が暴言と判断され、自身の持つ退場記録を更新する通算12度目の退場宣告を受けた。怒りの収まらない主砲は、試合終了を待たずに無言でバスに乗り込んでいた。だが、試合はカブレラの2試合連発となる3号ソロなど、打線がつながってソフトバンクに連勝。最下位脱出に成功したコリンズ監督だったが、試合後は「言葉の行き違いが大きい。メジャーでは、きょうの言い方なら退場にならない」と主砲を擁護していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年4月10日のニュース