四国・九州IL開幕 福岡は白星スタート

[ 2008年4月5日 22:38 ]

 発足4年目の今季から福岡、長崎の2チームが加わり、6チームに拡大した野球の独立リーグ、四国・九州アイランドリーグは5日、徳島県阿南市のアグリあなんスタジアムなどで3試合を行い開幕した。

 福岡は高知に9―2で快勝し、白星スタート。長崎は昨季独立リーグ日本一の香川に2―6で敗れ、愛媛は6―1で徳島を下した。

 前後期の2シーズン制で各チームが計80試合を戦い、前期と後期の王者がリーグチャンピオンシップ(5回戦制)で年間総合優勝を決める。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年4月5日のニュース