村田 開幕へ照準ピタリ!上昇2発

[ 2008年3月23日 06:00 ]

<横・広>8回、村田は2ランを打つ

 【横浜6-5広島】横浜の4番・村田が、2発で開幕へ仕上げてきた。4回に大竹の初球、144キロ直球をとらえて左越え2号ソロ。ここまでは球の見極めや状況に応じた打撃を徹底し「初球から打たないようにしていた」という。だが、開幕間近で初球打ちを解禁すると、8回にも左越え3号2ランだ。目標の2年連続本塁打王とともに「夏場に五輪もあるので出だしからアピールしたい」と燃えていた。

 <広島 大竹、初の開幕投手決定>広島の大竹が、初の開幕投手を務めることになった。オープン戦ラスト登板は6回2失点。大崩れしない安定感が光り、ブラウン監督は「開幕戦も大竹で勝てそうな気がする。不安は全くない」と明言した。黒田の大リーグ移籍で、先発陣の柱として大きな期待を背負う7年目の本格派。「オープン戦でやりたいことはしっかりやれた。緊張感は高まってきていますね」と口元を引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年3月23日のニュース