桑田の開幕メジャー入りへ逆風

[ 2008年3月23日 16:23 ]

 開幕メジャーを目指すパイレーツの桑田は、登板予定だった22日のマイナーリーグのオープン戦が雨天中止になった。限られた実戦でのアピール機会が流れてしまった。

 代替として検討された紅白戦も中止。桑田は室内練習場で投げる予定だった2回を想定し、打者を立てて投球練習した。「残念ですが、やることをやって結果を待つしかない」。ベテランは自分を戒めるように話した。
 開幕メジャーを懸けた生存競争が正念場に入り、実戦で結果を出していくしかない。しかし、この日はメジャーのオープン戦もノーゲームとなったため、登板予定だった中継ぎ陣の出番が23日以降にずれ込むのは必至。桑田の登板機会は減る可能性が高いとみられる。
 「開幕まで1週間。監督として本番の形で戦いたいと思う。これまで結果を残してきているし、これで駄目だったら仕方がない」。桑田の言葉が自身の置かれた厳しい状況を物語っていた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年3月23日のニュース