斎藤1回3失点 2ラン浴びる

[ 2008年3月23日 09:07 ]

 ドジャースの斎藤隆投手は22日、アリゾナ州フェニックスで行われたエンゼルス戦に2番手で7回に登板し、1回を2点本塁打を含む4安打3失点だった。チームは2―4で敗れた。

 斎藤がオープン戦4試合目で初めて本塁打を許した。7回に登板し、1死二塁から、右打者のナポリに高めのスライダーを左越えへ2点本塁打された。
 さらに2死二塁では、一塁への打球で一塁ベースカバーが遅れ、本塁送球も間に合わずに失点。計3失点で“初黒星”を喫し「こういう結果になったので受け入れないと。ベースカバーが一番の反省」。右ふくらはぎの故障は回復したが、「体重が乗っていない。手先で投げている感じ」とさえない表情だった。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年3月23日のニュース