選抜開幕 第1試合は成章が競り勝つ

[ 2008年3月22日 09:05 ]

初戦を突破し喜ぶ成章ナイン

 第80回選抜高校野球大会は22日、リニューアルされた兵庫県西宮市の甲子園球場で36校が参加して開幕した。澄み切った青空の下、4万4千人が詰め掛けた開会式は午前9時から始まった。大会史上3度目の春連覇を目指す常葉学園菊川(静岡)を先頭に、前回準優勝の大垣日大(岐阜)が続き、駒大岩見沢(北海道)一関学院(岩手)と北から南の順に行進した。

 日本高野連の脇村春夫会長は「皆さんが先陣を切って新たな歴史をつくり上げていくんです。個性ある蕾をグラウンドに咲かせてください」とあいさつした。
 プラカードの校名は高校生の揮毫が採用され、各校の生徒代表が持って行進。司会は中西悠歌さん(愛知・光ケ丘女)と城殿恵さん(神奈川・神奈川総合)の2人が務め、中京大中京(愛知)の矢沢英典主将が「ニュー甲子園ではつらつとしたプレーをすることを誓います」と元気いっぱいに選手宣誓。始球式は第1回大会で優勝した高松商(香川)の松井章悟主将が行った。
 開会式直後の第1試合では、駒大岩見沢(北海道)と21世紀枠の成章(愛知)が対戦。1-1で迎えた5回、駒大岩見沢は1点を勝ち越したが、8回に成章が3安打を集めて2点を奪い逆転。36年ぶりの出場で、うれしい甲子園初勝利を挙げた。

 ▼成章・糟谷監督の話 これだけの大観衆の中で試合ができて幸せに思います。自分たちのペースで野球がやれたのがよかった。前半はミスも多かったが、6回を終わったころから選手たちの目の色が生き生きとしており、何があるか分からないなと思っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2008年3月22日のニュース