駒苫の香田前監督「一身上の都合」退職

[ 2008年3月19日 19:07 ]

駒苫・香田前監督

 北海道の駒大苫小牧高校は19日、全国高校野球選手権大会で2004、05年に連覇を達成するなど同校野球部を強豪に育てた香田誉士史前監督(36)が今月末で同校を退職すると発表した。

 同校によると、19日に本人から「一身上の都合」を理由に退職願が提出され、受理された。香田前監督は昨年夏の選手権大会後に監督を退任し、野球部顧問を務めていた。
 香田前監督は駒大を卒業後、母校の佐賀商(佐賀)のコーチを経て、1995年に駒大苫小牧の監督に就任した。
 夏の選手権大会では04年から3年連続で決勝に進出。北海道勢として初の全国制覇や57年ぶり6校目となる夏連覇の偉業を成し遂げたほか、昨季のパ・リーグ新人王田中将大投手(楽天イーグルス)を育てたことでも知られる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2008年3月19日のニュース