中国でのMLB試合は3-3引き分け

[ 2008年3月15日 19:41 ]

 米大リーグは15日、北京でオープン戦のパドレス―ドジャースを行い、3―3で引き分けた。パドレスの井口資仁内野手、ドジャース黒田博樹投手と斎藤隆投手は中国遠征には参加していない。中国では初の大リーグの試合で、最終戦は16日に行う。

 ドジャースは韓国の朴賛浩投手が先発。3回にソロ本塁打で先制し、同点の6回に1点を勝ち越した。パドレスは2点を追う8回、二塁打3本を集めて2点を挙げ追いついた。試合は9回で打ちきりとなった。
 ドジャースは朴に次ぐ2番手で郭泓志投手が登板し、「2番・遊撃」には胡金龍内野手(ともに台湾)を起用。アジア選手が出場メンバーに名を連ねた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2008年3月15日のニュース