韓国、北京五輪出場権獲得

[ 2008年3月12日 18:53 ]

 8カ国・地域が総当たりで争う野球の北京五輪世界最終予選第5日は12日、台中(台湾)の洲際野球場などで行われ、韓国が12―1でドイツに7回コールドゲームで圧勝した。韓国は通算5戦全勝で3位以内が確定し、上位3チームに与えられる五輪出場権を最初に獲得した。ドイツは通算2勝3敗。

 韓国は銅メダルを獲得した2000年のシドニー大会以来2大会ぶりの五輪出場となる。
 韓国は李スンヨプ(巨人)が「4番・一塁」で先発出場し、2安打3打点で勝利に貢献した。
 台湾はオーストラリアに5―0で完勝し、通算4勝1敗とした。オーストラリアは同2勝3敗。
 カナダは11―0でスペインに七回コールドゲーム勝ちし、通算4勝1敗で出場権獲得に前進した。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年3月12日のニュース