女子日本代表に片岡安祐美ら25人

[ 2008年3月10日 06:00 ]

 第3回女子野球W杯(8月24日開幕、松山)の日本代表候補選考会が9日、川越市の尚美学園大で行われ、茨城ゴールデンゴールズ(GG)の片岡安祐美内野手(21)ら25人が選出された。片岡は日本野球連盟の野球大使で茨城GG監督の萩本欽一(66)が見守る中での候補入り。「プレッシャーがすごかった。まだ候補に入っただけなのでこれから」と気を引き締めながらも、涙を浮かべて喜んだ。欽ちゃんも「応援してあげたい。そして日本を必ず優勝させるよ」と興奮した様子。最終候補は8月の直前合宿を経て18人に絞り込まれる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年3月10日のニュース