競争激化の助っ投でガトーのみ好結果

[ 2008年2月28日 06:00 ]

<ソフトバンク・ロッテ>2回2死二塁、今江のタイムリーで二走・ベニー(左)の生還をゆるしガックリのホールトン

 【ソフトバンク3―5ロッテ】パウエルの入団が確実になり、ソフトバンクは外国人投手のサバイバルレースが激化した。この日は3投手が登板したが、3回をパーフェクトと結果を残したのは実績のあるガトームソンだけ。先発した新加入のホールトンは3回2失点、2盗塁を許すなどクイックモーションの課題を露呈した。2番手スタンドリッジも代わったばかりの4回に2安打2四球で3失点。王監督は「外国人3人はまだ試運転」と、この試合では判断しないことを強調したが、失点した2投手が出遅れたのは事実だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年2月28日のニュース