渡辺監督あきれた「戦う姿勢出てない」

[ 2008年2月28日 06:00 ]

 【西武6―11オリックス】西武は、開幕カード前哨戦となるオリックスとの練習試合で投手陣が11失点の乱調。ふがいない若手に渡辺監督は苦い表情を浮かべた。「投球の前に戦う姿勢が出ていない。自分たちに何が求められてるか分かっていない」。試合後には3回7失点だった先発左腕の山崎を呼び寄せB班(2軍)落ちを通告。山崎は「左打者の内角を全然使えなかった」とうなだれた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年2月28日のニュース