堂上剛サヨナラ打 課題は送球

[ 2008年2月28日 06:00 ]

 【中日3―2韓国LG】中日の堂上剛のバットが今季チーム初のサヨナラ勝利をもたらした。2―2の9回1死一、二塁から右中間に鋭い打球の適時打を放って決着。「勝ちたいので決めてやろうと思った。いい場面で打てた」と自画自賛した。守備での送球が課題で、現在は2軍だが「今までは好きなように投げていた。軽く投げても捕りやすい球を練習したい」と試合後も室内トレーニング場で音外野守備走塁コーチとともに汗を流していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年2月28日のニュース