3月に北京でメジャーオープン戦

[ 2008年1月25日 06:00 ]

 大リーグ機構と同選手会は24日、北京で会見を開き、3月15、16日に北京でドジャースとパドレスのオープン戦を開催すると発表した。中国で大リーグの試合が行われるのは初めて。両軍は同時期に米国内でもオープン戦が組まれているが、ド軍・トーリ監督は「米国に残るチーム、中国に来るチームは同じレベルになる」と主力選手の帯同を示唆した。

 ド軍は新加入の黒田や守護神・斎藤、パ軍には井口が在籍。今回のオープン戦は8月の北京五輪と同じ球場が使用される。黒田は04年アテネ、井口は96年アトランタで五輪を経験。黒田、井口らが今回の遠征に参加すれば、実際にプレーしないと分からない球場の特徴を星野ジャパンのメンバーに伝えることも可能で、日本悲願の金メダルをサポートすることにもなりそうだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年1月25日のニュース