偽装結婚?助っ人のネルソンが来日

[ 2008年1月25日 06:00 ]

 キャンプで中日の入団テストに挑むマキシモ・ネルソン投手(26)とトマス・デラロサ内野手(29)がドミニカ共和国からパリ経由で来日した。ネルソンは04年オフ、30人のドミニカ共和国出身選手がビザ取得を望む同国内の面識のない女性と結婚し、ビザを取得した女性だけが米国に入国する「偽装結婚問題」に関与。米国からビザ発給永久停止処分を受けていたため、昨季はイスラエルリーグでプレーした。「97マイル(約155キロ)は出る」と2メートル4の長身右腕は新天地での活躍を夢見ていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年1月25日のニュース