子供からの千羽鶴で黒田「熱くなった」

[ 2008年1月25日 06:00 ]

 ドジャースの黒田が社会貢献活動について「向こうの一流選手はみんなやっている。少しでもできれば」と継続する意向を示した。この日は広島市民球場で市内の養護施設の子供たちと交流。15日から自身の公式サイトで行っているチャリティーオークションの収益金で野球用具を購入することになっており、子供たちから感謝の色紙と千羽鶴を手渡された。「心が熱くなった。できることをしたい」。収益金は24日時点で160万円を超えている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年1月25日のニュース