ヤ軍 クレメンスとは再契約せず

[ 2008年1月4日 09:45 ]

 昨年ヤンキースでプレーしたロジャー・クレメンス投手のチーム復帰がなくなった。球団役員で事実上オーナー職にあるハンク・スタインブレナー氏が3日付のニューヨーク・デーリーニューズ紙に「クレメンスとは契約しない」と語った。

 同氏は、再契約しない理由として、若手投手の成長や指導的立場のアンディ・ペティット投手との契約更新などを挙げた上で「クレメンスが現役を続けるとは思っていない」としている。薬物使用の実態を報告した「ミッチェル・リポート」でステロイドとヒト成長ホルモン(HGH)の使用を指摘されたクレメンスは、使用を全面的に否定している。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2008年1月4日のニュース