PR:

“ぶっちゃけ女王”原江里菜の奮起に期待

PRGRの契約プロ(左から)原、森田、藤本、辻
Photo By スポニチ

 なかなかできないことだと思うから、原江里菜に好感を抱く。勝手なランキングをつけるなら、彼女は女子でありながら正直に何でもぶっちゃけるプロゴルファーNo.1だ。

 毎オフ、契約クラブの変更や新スポンサー獲得など、華やかな動きのある女子ゴルフ界。驚きを持って報じられたのが森田理香子のPRGRとのクラブ契約だった。私もびっくりした一人だが、森田がクラブを替えたことより、それによって生じる勢力図の変化に興味津々だった。

 なぜならPRGRは原が09年から契約を結ぶ先。昨年、7年ぶりの復活勝利を挙げた原とはいえ、格から言えば森田が1ランク上をいく。果たして彼女の胸中は―。

 「理香子は若いし、世間一般から見ても賞金女王というブランドもある。私は何で勝つかと言えば、結果でアピールするしかない」

 すごく刺激になりますぅ、とか、一緒に頑張りたいですぅ、という安易なコメントではなく、メラメラと燃える胸の内を率直に語ってくれた。

 昨年、同じPRGR契約の小平智が日本オープンで優勝した直後もそうだった。同じチームとしてうれしいだろうと思って原に水を向けると、彼女は「うーん、小平君が勝ったことを知って一番最初に思ったのは、この優勝で来年の契約金の分配が変わるなと思いました」と笑いながら話してくれた。確かに、実績は翌年度の契約金や出来高に影響する。仮に小平のそれが上がることになれば、予算は無尽蔵にあるわけではなく、誰かが割を食う。

 打算的と見る向きもあるかもしれないが、プロなら考えて当然のこと。口に出すか出さないかは人それぞれだが、原は口に出すことによって自分を鼓舞しているのではないか。実際、PRGRの主催大会2日目に68を出して、PRGR契約プロで最上位の14位で終えた。ライバル出現による負けん気がホステスとしての最低限の役割を果たすのに貢献した部分は多少なりともあるだろう。

 まだシーズンは始まったばかり。今季の活躍次第ではランク付けが変わることだって十分、ある。ぶっちゃけ女子の奮起に期待しつつ、言動に注視したい。

[ 2016年5月3日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月11日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画