サブカテゴリー

Top > コラム > 鈴木美津男
鈴木美津男『利根川親父の独り言』

鈴木美津男

2017年3月30日

今年新体制になった老舗団体WBSのキックオフバンケットへ!

それから、吉田幸二さんは新に立ち上げた水辺基盤協会の仕事が忙しくなり、WBSの運営は後任者の横山鉄男さんへとバトンタッチされました。

そのWBSが今回、新たに新体制でスタートという話を聞きましたから私、利根川親父は、10なん年ぶりにWBSのオープニングパーティーへ出席させて頂いた次第なんです。

設立当時からWBSという団体は、本当におしゃれで“バスフィッシングは楽しくカッコ良く!”そして目指せアメリカのバストーナメント!で運営されて来ました。

日本のバストーナメントで最初にショーアップされたトレーラーウェインや出場選手もボーター選手とノンボーター選手に分かれ、当時のアメリカのプロトーナメントのスタイルをそのまま取り入れたようなのもWBSです。

本当に画期的なプロ団体だったのです。当時のスタイルは現在のトーナメントでは当たり前となり、WBSだけではなく正直、現在の日本のトーナメントシーンは完全に安定期となって来たので、そんなWBSさんもそこに何かまた新しいこと、カンフル剤をとは常々考えていたのだと思います。

そして、今年度よりWBS運営スタッフが新体制で新たなスタートを切ります。その運営の先頭に立つのが創設者の吉田幸二氏、と聞いてはオープニングパーティーへ出席しない訳にはいきませんよね(笑)。

実は今回はラッキークラフトさんの代表としてご招待をして頂きましたので、パーティーではメーカー側として、沢山の皆さんの前でお話をさせていただいたのですが、WBSの創設からこのパーティーを見てきた者の感想としては、現在のWBSの主力選手の皆さんは、本当に華のある選手が増えてきた事を感じました。

そして、間違いなく新体制となるWBSの組織が華の有る選手を一層輝かせてくれる事だと思います。あらたに華を咲かせる若い選手達を必ず業界へ送り出してくれると私は楽しみにしております!

え??何でそんな事が分かるのか?ですって?

それは今回のパーティーや開幕戦へ向けての大変な裏方仕事を昨年末から本当に楽しみながら、吉田幸二さん率いるスタッフの皆さんが取り組んでる姿を私は知ってるからです(笑)。

今から20年以上前にお店を助けて頂いた恩は私は一生忘れません。私にできる限りのお手伝いやアイデアをと考えております。そして新体制のWBSさん期待しております!私も自分の運営するH -1GPXでWBSさんを学びつつ頑張ります。

End


-- コラムTOPへ --

【楽天】オススメアイテム
クイックアクセス

テニス

ゴルフ

大相撲

Go!アスリート

スポーツフィッシング

コラム

ランニング企画

人気ニュースランキング(スポーツ)

※集計期間:08月19日13時〜14時

» 続き

このページの先頭に戻る ▲