PR:

松山「楽しかった」5回目同組ラウンドでウッズに“初勝利”

 第3ラウンド、ホールアウトし、タイガー・ウッズ(左)と握手する松山英樹
Photo By 共同

 米男子ゴルフの慈善大会、ヒーロー・ワールドチャレンジは2日、ナッソーのアルバニー・バハマ(7309ヤード、パー72)で第3ラウンドが行われ、前回覇者の松山英樹(25=LEXUS)は72で回り、通算7アンダー、209で前日と同じ5位だった。首位とは7打差。2月以来の実戦復帰を果たしたタイガー・ウッズ(41=米国)は75と振るわず、10位に後退した。

 松山は13年ブリヂストン招待、15年ウィンダム選手権のそれぞれ予選ラウンドで4回ウッズと同組になっているが、今回は松山が3打上回り“初勝利”を挙げた。17番では松山が7メートルを沈めると、ウッズも3メートルを沈めてともにバーディー。「凄くいいバーディーが2人とも取れたので楽しかった」と声を弾ませた。

 久しぶりの実戦に臨むスーパースターの回復ぶりには「腰の手術を4回している人じゃない」と驚きを隠さない。ウッズは「彼のようにバーディーを奪えなかった」と、6バーディー、6ボギーで回った16歳下の強豪を持ち上げていた。

[ 2017年12月4日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月12日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画