PR:

八角理事長がコメント「意思尊重。断腸の思いです」奮闘評価も

日馬富士引退

横綱日馬富士関の引退を受け、報道陣の取材に応じる日本相撲協会の八角理事長
Photo By 共同

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)が、日馬富士についてコメントを発表した。両肘、両足首に故障を抱えながら横綱を務めたことに「肉体と精神の力を振り絞って、長年にわたり土俵を務めてくれました。本年の9月場所では、3横綱が次々と休場する中、一人横綱として土俵を守り、優勝を果たしました」と土俵上での奮闘を評価した。

 だが土俵外の暴行は許しがたい事実。「どのような理由があろうとも、暴力を肯定することはできません。日馬富士の意思を尊重し、引退届を受理いたしました。まさに断腸の思いです」と語った。

[ 2017年11月30日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月17日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画