PR:

【岡崎真の目】宮原 ジャンプのイメージ戻り演技に自信 五輪代表争いシビアに

フィギュアスケート・GPシリーズ最終戦 スケートアメリカ最終日 ( 2017年11月26日    米国レークプラシッド )

スケートアメリカ女子で優勝した宮原のフリーの演技(AP)
Photo By AP

 宮原はNHK杯の時よりもジャンプが高くなったように見えた。前日のSPで着氷が乱れたルッツ―トーループの連続3回転ジャンプも、しっかり踏み切ってしっかり跳び上がって回転も十分だったので、いいイメージが戻ってきているのは間違いない。ジャンプがしっかり跳べると演技全体を自信を持って滑れるようになる。

 プログラムも彼女によく似合っていて、音のメリハリや構成もよく考えられている。この2日間を見た限りではケガの後遺症もほとんど見られないので、これから調子を上げていけばもっと良くなっていくだろう。

 宮原が復活したことで、2枠しかない五輪代表争いはさらに熾烈(しれつ)になった。ファイナル進出が決まった樋口と進出の可能性を残す宮原の2人を中心に三原、本田、そして今回2位に入った坂本らみんなにチャンスがある。ちょっとしたミスも許されない状況で、むしろ男子よりもシビアと言ってもいいかもしれない。勢いのある若手が急に伸びる可能性もある。誰がどれだけ平静を保って自分らしい演技をすることができるか。ほんのわずかな差が明暗を分けそうだ。(ISUテクニカルスペシャリスト、プロコーチ)

[ 2017年11月28日 08:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月14日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画