PR:

【砂村光信・視点】ラインアウトの違うオプション増やして狙いを外す工夫欲しい

ラグビーリポビタンDツアー2017   日本23-23フランス ( 2017年11月25日    フランス・ナンテール )

フランスと引き分け、引き揚げる日本フィフティーン
Photo By 共同

 フランス相手にあれだけ攻めながら勝てなかったのはもったいない。後半17分にゴール前ラインアウトのチャンスでマイボールを奪われたが、3回続けて同じ選手へ投げたところを狙われた。身長が低い日本はキャッチできる選手が限られているため相手も狙いを絞りやすい。違うオプションで狙いを外す工夫が欲しかった。

 自陣からでも展開する攻撃は、フランスの防御ラインの上がりが遅いことを研究した成果だろう。バックスラインを深めにして外へ散らし、WTBの強さを生かしてボールを継続したが、この形なら日本の強みである速いテンポで攻められ、攻撃時間も長くなるためペースを握りやすい。今秋から取り組む速いディフェンスも、外から追い込んで内側のハードタックラーが仕留める形が整ってきた。

 個人では姫野、ファンデルヴァルト、レメキが新たに定着したのが収穫。遠征も含めて代表活動に時間をかければ、戦うチームがつくれることも改めて証明された。次の焦点はほぼ日本代表で挑むサンウルブズでどう戦うか。スーパーラグビーの勝敗も重要だが、戦術の熟成や戦力発掘などW杯へ向けた強化に生かしてほしい。 (元U―23日本代表監督)

[ 2017年11月27日 08:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月12日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画