PR:

山下真瑚、SP首位発進 男子SPは須本がトップ

<全日本ジュニアフィギュア女子SP>会心の演技を見せた山下真瑚
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権第2日は25日、ALSOKぐんまアイスアリーナで行われ、女子ショートプログラム(SP)は山下真瑚(グランプリ東海ク)が65・13点で首位発進した。

 山下は冒頭の連続3回転ジャンプを着氷すると、後半も3回転ルッツ、2回転半の2つのジャンプでそれぞれ出来栄え点(GOE)の加点を得た。スピンのレベルも3つ全て最高難度の4をそろえ「楽しく滑ることが出来た。去年よりも練習の時に失敗しないようにしようという気持ちが出てきた」と成長を口にした。

 2位は61・51点の荒木菜那(中京大中京高)。紀平梨花(関大KFSC)はジャンプにミスが出て57・89点と得点を伸ばせず、6位と出遅れた。初出場した女優の本田望結(みゆ、関大中)は52・57点で15位となり、26日のフリーへ進んだ。

 男子SPは9月のジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第3戦ラトビア大会でジュニアGP初優勝を果たした須本光希(大阪・浪速高)が67・34点で首位に立ち、66・9点の2位に三宅星南(岡山理大付高)がつけた。

[ 2017年11月26日 01:13 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月14日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画