PR:

無良崇人75・05点でSP7位 首位はネイサン・チェン スケートアメリカ

スケートアメリカでSP7位となった無良(AP)
Photo By AP

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、スケートアメリカは24日(日本時間25日)、レークプラシッドで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で無良崇人(26=洋菓子のヒロタ)は75・05点で7位だった。

 3本のジャンプのうち、2本で着氷が乱れた。演技後は首をひねり、顔をしかめた。

 無良は第2戦のスケートカナダで、ジャンプのミスを連発。最下位12位に終わり「混乱している。何と言っていいか分からない」と青ざめた表情だった。

 第1戦のロシア杯を制したネーサン・チェン(18=米国)が自己ベストの104・12点で首位に立った。

 ▼無良崇人 ミスはあったが、トータルでは最後まで自分の演技をやり切ることはできた。フリーで立て直すきっかけをつかみたい。

[ 2017年11月25日 11:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月12日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画