PR:

愛 ノーバーディー11位後退に涙、女王争い混とん「腹が立つ」

女子ゴルフツアー LPGAツアー選手権リコー杯第2日 ( 2017年11月24日    宮崎県宮崎市 宮崎カントリークラブ=6448ヤード、パー72 )

LPGAツアー選手権リコー杯第2日 17番グリーンでさえない表情の鈴木愛
Photo By スポニチ

 賞金女王争いが混とんとしてきた。7位から出た賞金ランキング1位の鈴木愛(23=セールスフォース)は、バーディーなし、1ボギーの73とスコアを落とし11位に後退。一方、同ランク3位のイ・ミニョン(25=韓国)は7位から2位に浮上し、逆転戴冠に望みをつないだ。14年覇者で今季3勝のテレサ・ルー(30=台湾)が68で回り、通算8アンダーで首位を守った。

 深いため息から怒気を漂わせた。出場30人中、唯一バーディーを奪えなかった鈴木は、7位から11位に後退した。「フラストレーションのたまる一日。腹が立つことしかなかった」と吐き捨てた。

 前半は3番から8番までパーオンを逃し、アプローチで寄せて1パットのパーを拾い続ける我慢の展開。日向灘からの海風に苦戦し「フォローで読んでもグリーンに行けばアゲンスト。なんでこんなにうまくいかないの」と焦りの色を深めた。最終18番ではグリーン右からのアプローチを寄せきれず4メートルも残したが、しぶとくパーセーブ。「ナイスパーだったけど、明日につながるかは分からない。とにかくバーディーが欲しかった」。囲み取材後には悔し涙もこぼした。

 単独6位以内でタイトル確定だが、賞金ランク3位のイ・ミニョンの追い上げもあり予断を許さない。「明日、あさっては60台で回りたい。ショットの精度を上げないと」。女王への階段は険しさを増したが、23歳の背中は闘志がみなぎっていた。

[ 2017年11月25日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月12日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画