PR:

リオ女王・登坂、靱帯損傷で全治3カ月 12月の全日本選手権は厳しい状況

登坂絵莉
Photo By スポニチ

 レスリング女子でリオデジャネイロ五輪48キロ級金メダリストの登坂絵莉(24=東新住建)が左膝と左足首の靱帯を損傷し、全治約3カ月と診断されたことが17日、分かった。

 東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿中だった14日に実戦形式の練習で負傷した。12月の全日本選手権への出場について、日本協会の栄和人強化本部長は「本人は出たいと言っているが、分からない」とコメントした。

 登坂は1月に左足親指付近を手術、4連覇の懸かる世界選手権を欠場した。9月の全日本女子オープン選手権でリオ五輪以来、約1年ぶりの実戦で優勝を果たし、「地獄だった」という状況を乗り越えたばかりだった。

[ 2017年10月17日 12:32 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月23日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画