PR:

モーグル世界王者・堀島、最高難度のエアに自信「100%に近い」

スイスでの雪上合宿から帰国し取材に応じる堀島
Photo By スポニチ

 フリースタイルスキー男子モーグルの世界王者・堀島行真(19=中京大)が12日、スイスでの雪上合宿から成田空港に帰国した。合宿では天候不良により3日間練習ができなかったこともあったが「その中でもちゃんと通しの練習ができた」と充実感をにじませた。

 今季は「コーク1080(横3回転)」「ダブルフルツイスト(伸身後方宙返り2回ひねり)」という2つの最高難度のエアに挑む。昨季は不調により見送った構成だが、「ダブルフルツイスト」について「精度が上がり、自信を持って着地できるようになった。(成功率は)去年が60%としたら、80〜90%。100%に近い」と話すなど順調な仕上がりをアピールした。

 ワールドカップ(W杯)種目別6連覇のミカエル・キングズベリー(カナダ)と同じ構成になることには「あまり勝っている部分はない。全体のレベルが飛び抜けている」と苦笑い。合宿では同地で練習を行っていたキングズベリーとも再会した。初出場で大会史上初のモーグル、デュアル2冠を達成した今年3月の世界選手権以来、それまではあいさつ程度だった関係が「よりフレンドリーに」変化。「いい夏を過ごせた?トレーニングはどう?」などと言葉を交わした。絶対王者も関心を寄せる新星。「覚えられたのはうれしい」と表情を緩めつつも、来年の平昌五輪を見据え「超えていかないと勝てない」と闘志を燃やした。

[ 2017年10月12日 12:18 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月18日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画