PR:

優作首位守る ジャンボ偉業の瞬間とプレー重なり「ドキドキ」

男子ゴルフツアー ツアーワールド・カップ第2日 ( 2017年10月6日    愛知県豊田市 京和カントリー倶楽部=7190ヤード、パー71 )

13アンダーで首位をキープした宮里優作(左)は同伴組の藤本佳則と握手
Photo By スポニチ

 宮里がスコアを3つ伸ばして通算13アンダーとし、首位を守った。スタートの1番がエージシュートを懸けたジャンボ尾崎の18番と時間が重なり「気になって仕方なかった。ドキドキした。危うく1番からボギーになりそうでした」と苦笑い。この日は雨の影響もあり、初日のようなバーディー・ラッシュとはいかなかったが、2日ともノーボギー。今季3勝目へ視界良好だ。

 ▼2位タイ大堀裕次郎(3番から8番までの6連続を含む9バーディー、1ボギーで自己ベストの63)打てば入る状態。11番のバーディーは9メートルくらいあった。あれは、まぐれです。

[ 2017年10月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:02月24日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画