PR:

杉田、初の8強も困惑 2戦続けて相手が棄権「もう少し試合がしたかった」

ラオニッチが途中棄権し、準々決勝に進んだ杉田
Photo By 共同

 男子テニスの楽天ジャパン・オープン第4日が5日、東京・有明テニスの森公園でシングルス2回戦が行われ、世界ランキング40位の杉田祐一(29=三菱電機)は同12位のミロシュ・ラオニッチ(26=カナダ)が右ふくらはぎを痛めて1ゲームで棄権し、大会初の8強入りを決めた。

 2戦続けて相手の棄権で杉田に勝利が転がり込んだ。1回戦は1セット、この日はわずか1ゲーム。トップ選手のラオニッチとの対戦を楽しみにしていただけに「こういうことも起こり得る。もう少し試合がしたかった」と困惑気味だった。それでも体力は温存し、さらなる勝ち上がりへの期待も膨らむ。準々決勝のマナリノとは今季4度目の対戦。「恋人のような存在」と苦笑いしつつ、「互いに手の内は分かっている。面白い試合になる」と自信をのぞかせた。

[ 2017年10月6日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月16日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画