PR:

関学、同大破る金星 「トライの方程式」機能

ムロオ関西大学ラグビー第1節   関学大21-14同大 ( 2017年9月30日    京都・宝が池 )

後半、同大・高井(手前)の突進を止める関学大・藤井
Photo By スポニチ

 開幕4試合が2会場で行われ、関学大が昨季全国4強の同大を21―14で破る番狂わせを起こした。WTB藤井俊哉(4年)が0―14の後半2分に追撃トライ。SO山田一平(4年)のキックで陣地を優位に進めて逆転勝ちした。関大は前評判が高かった近大に33―17で逆転勝ち。波乱続きの中、V候補の天理大は立命大に49―8で圧勝した。京産大も摂南大に52―26で力の差を見せた。

 関学大にはトライの方程式がある。0―14の後半2分、同大陣の左中間22メートル付近ラック。SO山田が中央側でもらうと見せかけて、狭い左サイドへ動いてボールを受けた。3対2の数的有利を作り、飛ばしパスで大外へ。WTB藤井が鋭いステップで1人かわして反撃のトライを挙げた。

 「夏合宿で多かった形。今回もうまくいった」と司令塔が胸を張れば、「フォワードのためにも絶対に取りたかった」とフィニッシャーも声を弾ませた。

 山田―藤井のホットラインは個々でも活躍。山田のキックで後半はほぼ敵陣で試合。FWを前に出し、2トライを導いた。藤井は21―14と逆転した終了寸前に好守。50メートル5秒9の足でゴール前に戻り、同点の危機を防いだ。昨季の関西6位が同全国4強を撃破した。

 16年は選手と首脳陣が衝突し、監督不在の異常事態に陥った。立て直しのために呼ばれたのが、08年に監督で51年ぶりリーグVに導いた牟田至新監督(46)。2月5日の最初の集まりで「全員が一つになって初戦を迎えよう」と訴え、週5日の3部練習を課した。

 走り込みから筋トレまで今までにないハードさに、「メニューが特にきつかった日曜日は当初、10人は吐いていた」と山田は振り返る。8月まで続いた猛特訓に耐え、開幕戦の番狂わせを演出。藤井は「半年間やったことが結果として出た」と留飲を下げた。好素材の集団が、指揮官の元で一枚岩に。台風の目になりそうな気配だ。

 ≪同大、駆け引き失敗≫鍛えてきたセットプレーで崩れた。後半14分、前半優勢だったスクラムで反則を取られると形勢逆転。押される場面が目立ち、15分と29分にFW戦でトライを奪われた。フランカー野中主将は「駆け引きでやられた」と強弱を付けてうまく組まれたと振り返った。ラインアウトではサインミスでチャンスをフイにする場面があった。2年ぶりの黒星発進になった。

[ 2017年10月1日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月18日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画