PR:

サンウルブズHCにジョセフ氏、日本代表と兼任、一体強化実現

ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフHC
Photo By 共同

 スーパーラグビー(SR)のサンウルブズは29日、新ヘッドコーチ(HC)に日本代表HCのジェイミー・ジョセフ氏(47)が就任すると発表した。2年契約を結んでいたフィロ・ティアティア前HC(46)は1季限りで退任する。19年W杯日本大会開幕まで2年を切り、代表との本格的な一体強化がようやく実現することになる。

 ジョセフ氏は昨秋に日本代表HCに就任。チームジャパン2019総監督の肩書で、日本が16年から参入したサンウルブズにも関わってきた。ただ、参入2年目だった17年シーズンも2勝13敗の全体17位と成績は振るわず、日本代表も6月に世界4位のアイルランドに2連敗。日本協会首脳は代表とサンウルブズの選手をよりイコールで結び、同一の首脳陣で戦術を浸透させることが必要と判断。協会が理想としてきた体制がようやく整うことになる。15年にはハイランダーズ(ニュージーランド)を率いて優勝経験のあるジョセフ氏は「このレベルにおける責任の重大さはよく理解しております」などとコメントした。

[ 2017年9月30日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月13日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画