PR:

できるぞ!桐生の冠大会 偉業から一夜“9秒98特需”続く

<日本学生陸上競技対校選手権大会最終日>閉会式後にチームメートと記念撮影をする桐生(前列右)
Photo By スポニチ

 陸上男子100メートルの桐生祥秀(21=東洋大)に“9秒台特需”だ。9日に日本人初の10秒突破となる9秒98をマーク。関東学連の幹部は、毎年7月に開催されるトワイライト・ゲームスを桐生の名前や記録にちなんだ冠大会とすることに乗り気な姿勢を見せた上で、日本記録の報奨金を出すことを約束した。「上限はない。最低、両手(100万円)ぐらいないとね」と明かした。

 さらに世界基準のタイムを得たことで、来季はダイヤモンドリーグなど、海外のレベルの高い試合への道が広がる。東洋大の土江コーチは「組もうと思えば組める」と、今季4試合だった海外の大会への出場を増やす可能性を示した。

 快挙から一夜明けた10日。桐生はコンディションを考慮し、200メートル準決勝への出場は棄権した。それでも会場の福井県営競技場はスタジアム正面に「9秒98」や「日本新記録おめでとうございます」と書かれた横4・8メートル、縦80センチの看板が掲げられるなど祝福ムード。会場に姿を見せた桐生は「ラインは400通以上。ライン、SNSはリオのメダルより多い」と五輪男子400メートルリレーの銀メダルよりも反響が大きかったという。今後は10月の国体(松山市)の男子400メートルリレーが今季最終戦になる。

[ 2017年9月11日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月22日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画