PR:

遼&松山と同学年 小野田が初首位、マレット型パター変更奏効

男子ゴルフツアー 関西オープン第2日 ( 2017年5月19日    京都府城陽市 城陽カントリー倶楽部=7037ヤード、パー71 )

関西オープン第2日 ホールアウトした小野田(右)が同組金鎮成と握手
Photo By スポニチ

 ツアー1年目の小野田が今平と並んで初の首位に立った。2度の3連続を含む8バーディーを奪った。今週からパターをピン型からマレット型に替えたことで「向きが分かる。ショートパットに安心感がある」と力を発揮。石川、松山と同学年の25歳。主将を務めた日大時代は松山と対戦して「歯が立たなかった」というが、今季は出場3戦全て予選通過している。遅れてきた黄金世代の一人が飛躍をうかがう。

[ 2017年5月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ