PR:

稀勢 初顔の千代翔馬に“辛勝”で言葉少な…

大相撲夏場所5日目 ( 2017年5月18日    両国国技館 )

稀勢の里(左)が千代翔馬を寄り倒す
Photo By スポニチ

 初めて金星を与えた4日目の遠藤戦後にほとんど言葉を発しなかった稀勢の里が、連敗を免れた千代翔馬戦後も多くを語らなかった。相手が足技を繰り出してきても落ち着いていたかという問いに「そうっすね」と答えただけ。あとは目を閉じたまま、まげが整うのをじっと待った。

 納得できる内容でなかったのだろう。初顔の千代翔馬に右上手を許し、外掛け、裾払いで攻められた。上手を切っても、左下手投げを打たれた。だが、ヒヤリとするほどではなかった。右上手を引くと1枚まわしながら前に出て寄り倒した。

 苦杯を喫すれば5日目で黒星先行だった。過去に序盤で3敗しながら優勝したのは、12年夏場所の旭天鵬ただ一人だった。苦しみながら挙げた勝利を意味のあるものにするためには、負傷を抱えながらも勝利を積み重ねていくしかない。

[ 2017年5月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月22日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ