PR:

日本、大会規定で首位に立つ 同じ44点でロシアが2位

国別対抗戦 ( 2017年4月20日    国立代々木競技場 )

<フィギュアスケート国別対抗戦初日>男子SP、演技を終えた宇野昌磨(中央)は(奥左から)樋口新葉、村元哉中、三原舞依、須藤澄玲、フランシス・ブードロオデに出迎えられ笑顔を見せる
Photo By スポニチ

 日本はロシアと男女SP、アイスダンスSDの順位ごとの得点合計で44点と並んだが、大会規定で首位となった。

 各種目で1位12点、2位11点、3位10点…。全種目で上位二つの順位得点も合計22点で並んだが、日本は男子1位の宇野、女子3位の三原の演技得点で合計175・63点となり、女子1位のメドベージェワ、アイスダンス3位のボブロワ、ソロビエフ組で149・79点のロシアを上回った。

 日本の村元主将は「ダンス、女子、男子。最初から最後までみんな頑張ったと思う」と話した。

[ 2017年4月20日 22:54 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月18日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画