PR:

大迫、初マラソンで3位「次につながる」 ボストン・マラソン

 世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」の第121回ボストン・マラソンは17日、米ボストンで行われ、男子は初マラソンだった25歳の大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)が2時間10分28秒で3位に入った。日本男子で1987年大会覇者の瀬古利彦以来30年ぶりの表彰台となった。

 ジョフリー・キルイ(ケニア)が2時間9分37秒で制した。

 大迫は早大時代に箱根駅伝などで活躍。現在は米オレゴン州を拠点に活動し、昨年の日本選手権では5000メートル、1万メートルで2冠に輝き、トラックの2種目でリオデジャネイロ五輪に出場した。

 女子は2011年と13年の世界選手権で2連覇したエドナ・キプラガト(ケニア)が2時間21分52秒で勝った。

 車いすの男子で山本浩之(Team Heart Space)が3位に入った。(共同)

 ▼大迫傑の話 初マラソンで緊張していたが、自分の走りをしようと思った。今まで経験したことがないぐらいハードだったが、いい結果が出たことで次につながると思う。

[ 2017年4月18日 07:14 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月20日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画