PR:

日本勢は1回目で敗退…葛西37位、伊東40位 優勝はタンデ

 ノルディックスキーのW杯ジャンプ男子は1日、ドイツ・ガルミッシュパルテンキルヘンで伝統のジャンプ週間第2戦を兼ねた個人第9戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、日本勢は1対1の対戦形式で争う1回目で敗退し、2回目に進めなかった。

 44歳の葛西紀明(土屋ホーム)は125メートルの113・7点で37位。伊東大貴(雪印メグミルク)は40位、小林陵侑(土屋ホーム)は45位、竹内択(北野建設)は50位に終わった。

 ダニエルアンドレ・タンデ(ノルウェー)が138メートル、142メートルの289・2点で2015年11月以来の通算2勝目を挙げた。

[ 2017年1月3日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月18日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画