PR:

シード届かずも…創価大「浮上のきっかけになる。実りある大会」

 往路11位の帝京大は2年連続のシード権獲得を狙ったが、11位とあと一歩だった。主将でアンカーを務めた4年の加藤は区間19位。「往路でいい流れをつくってもらったのに、役割を果たせなかった」と肩を落とした。

 往路9位の創価大は復路13位、総合12位と後退し初のシード権を逃した。ただ、出場2度目のチームは10人中8人が3年生以下。8区の米満が区間3位になるなど手応えもつかみ、瀬上監督は「今後の浮上のきっかけになる。実りある大会だった」と満足げだった。

[ 2017年1月3日 19:35 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月18日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画