PR:

神大6位 “伏兵”鈴木健が「花の2区」主役 歴代8位の好走

第93回箱根駅伝 ( 2017年1月2日    東京・大手町~箱根・芦ノ湖、往路5区間107・5キロ )

10キロ手前で集団から飛び出す神奈川大・鈴木健
Photo By 代表撮影

 各校がエースを配置した花の2区を制したのは3年生のダークホースだった。歴代8位の1時間7分17秒で激戦区を走り抜いた神奈川大の鈴木健は「後半勝負だと思っていて、残り8キロから自分の走りができた。良い位置で(1区の)山藤がつないでくれたので、リラックスして走れた」と心地よさそうに汗を拭った。

 トップの東洋大から5秒差の5位でたすきを受け取ると、16キロすぎでペースアップし先頭に立った。さらに残り3キロでラストスパート。「最後の坂は苦しかったが、攻略法は根性だと思っていた」と歯を食いしばりながらトップで3区へつないだ。神奈川大が2区で区間賞を獲得するのは史上初。伴走車から身を乗り出した大後監督は「健吾〜!ありがとう!よくやった!」と力走をねぎらった。

 昨年11月にはユニバーシアードの強化合宿で、オランダに初めての海外遠征を経験した。アップダウンのある15キロのロードレースで、レベルの高いレースを経験。生活面でも「日本は恵まれている。一番は英語ができずに困った」と気づくきっかけとなった。

 この遠征を引率したのは順大を9度の優勝に導いた沢木啓祐氏。大後監督は帰国した沢木氏から「2区で区間賞獲れる選手だぞ」と耳打ちされたという。鈴木は予選会で日本人トップの3位に入っており、今回も「日本人トップを獲れ」とはハッパを掛けていた。それが留学生も抑えての区間賞。名伯楽の見立ては間違っていなかった。

 実力を買われ3年生ながら昨年3月から主将を任されている。練習熱心で、高校時代には故障を心配した宇和島東・和家監督から練習を止められたこともあるという。1万メートルのタイムは2年時の28分53秒67から28分30秒16と1年で20秒以上も縮め、結果でチームを引っ張ってきた。

 神奈川大は97、98年と2年連続総合優勝を果たした古豪だが、シード権獲得は05年が最後。「結果を出すことが自分の役目。そういった意味では良いレースができたのかな」。12年ぶりシード奪回へ、頼れる主将が復権への道を開いた。

 ◆鈴木 健吾(すずき・けんご)1995年(平7)6月11日、愛媛県生まれの21歳。宇和島東高から神奈川大に進学。1万メートルの自己ベストは28分30秒。箱根には1年時から出場し、15年は6区で19位、16年は2区で14位だった。1メートル63、46キロ。

[ 2017年1月3日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月21日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画