PR:

金メダリスト3人が千葉県民栄誉賞 柔道ベイカーは「連覇」誓う

リオ五輪柔道男子90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋は、千葉県民栄誉賞受賞した
Photo By スポニチ

 千葉県は17日、リオデジャネイロ五輪の柔道男子90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋ら、県ゆかりの金メダリスト3人に県民栄誉賞を授与した。

 県庁での表彰式には、3人のうち東海大浦安出身のベイカーが出席。「名誉な賞をいただけて本当にうれしく思う。東京五輪でも連覇を目指して頑張りたい」とはにかみながら話した。森田健作知事は「皆さんの雄姿を見て、大きな活力をもらった」と称え、握手を交わした。他の2人は、体操男子団体総合で金メダルに輝いた加藤凌平と田中佑典で、千葉県印西市にキャンパスがある順天堂大を卒業している。

 パラリンピックの車いすテニス男子ダブルスで銅メダルを獲得した同県柏市の国枝慎吾と斎田悟司にも、知事特別賞と副賞の豚肉や米が贈られ、国枝は「今日いただいた千葉県の特産品でまた栄養をつけ、頑張りたい」と笑いを誘った。

[ 2016年10月18日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月19日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画