PR:

五輪会場見直し案に懸念 コーツIOC副会長、緊急テレビ会議開く

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用を検証する東京都の調査チームがボートなど3会場の抜本的な見直し案を小池百合子知事に提言したことを受け、国際オリンピック委員会(IOC)副会長で東京大会の準備状況を監督する調整委員会のコーツ委員長が都に対して強い懸念を示したことが30日、関係者への取材で分かった。

 この日、コーツ委員長は大会組織委員会の武藤敏郎事務総長、東京都の山本隆副知事と約1時間の緊急テレビ会議を開いた。IOCは国籍や宗教を超えて選手が交流できる選手村を平和の象徴として重視しており、関係者によると分村が不可避なボートとカヌー・スプリントの宮城開催案は「東京大会の価値を大きく傷つける」などと指摘したという。

 コーツ委員長は両競技の会場「海の森水上競技場」のコスト削減に努めてきた経緯を評価していただけに「これまでの都の説明と違う。(提言は)信頼関係を壊す」と不快感も示したという。武藤事務総長は会議後「見直し案は背景を十分に知らずに考えられたものではないか」と述べた。

[ 2016年9月30日 22:58 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月22日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画