PR:

元千代の富士に最後の別れ 葬儀に1000人参列「日本一」の声飛ぶ

出棺する先代九重親方のひつぎを乗せた霊きゅう車を見送る参列者ら

 大相撲の元横綱千代の富士で、7月31日に膵臓がんのため61歳で急死した先代九重親方=本名秋元貢、北海道福島町出身=の葬儀・告別式が7日、東京都墨田区の九重部屋で営まれた。日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)やプロ野球巨人の原辰徳前監督ら約千人が、優勝31度を誇り「ウルフ」の愛称で親しまれた大横綱との最後の別れを惜しんだ。

 ひつぎの中の先代親方には、生前に好んでいたというカトレアなどの花が添えられた。部屋の周囲に集まった人々から「ありがとう、千代の富士」「ウルフ、日本一」の声が飛び交う中で出棺。霊きゅう車は両国国技館に立ち寄り、現役時代に活躍した思い出の地にも別れを告げた。部屋を継いだ九重親方(元大関千代大海)は「師匠から教わった相撲道を体全体に焼き付けて守っていきます」とあいさつした。

 親交のあった原前監督は「われわれの世代の大ヒーローだった。ゴルフをしたり、酒を酌み交わしたりして、非常に強気な方だった。偉業は未来永劫(えいごう)引き継がれる」と故人をしのんだ。

 10月1日には国技館で「お別れの会」が開かれる。

[ 2016年8月7日 17:09 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:02月19日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画