PR:

34歳田山V、4度目五輪へ

 トライアスロンのアジア選手権第2日は30日、広島県廿日市市木材港周辺コース(スイム1・5キロ、バイク40・8キロ、ラン10・6キロ)で行われ、リオデジャネイロ五輪の日本代表選考会を兼ねた男子は、34歳の田山寛豪(NTT東日本・NTT西日本・流通経大職)が1時間55分16秒で優勝して出場枠を獲得し、4大会連続の五輪代表に決まった。

 2位は中国、3位は韓国選手で、ロンドン五輪代表の細田雄一(博慈会)は19位だった。5月14日の世界シリーズ横浜大会が最後の代表選考レースで、日本の出場枠を追加できるかが決まる。

 既に選考レースが終了した女子は上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)が2時間4分4秒で優勝した。加藤友里恵(ペリエ・グリーンタワー・稲毛インター)が2位、佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)が3位だった。日本トライアスロン連合は5月19日に男女の代表を正式に発表する。

[ 2016年4月30日 17:25 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月23日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画