PR:

ロシア連盟会長 聴聞会は6月に実施見通し シャラポワ薬物問題

 ロシア・テニス連盟のタルピシェフ会長は30日、女子テニスで元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(ロシア)が1月から禁止薬物に加えられたメルドニウムに陽性反応を示した問題で、聴聞会が6月に実施される見通しを明らかにした。AP通信などが報じた。

 同会長はシャラポワと定期的に連絡を取り「彼女はトレーニングを続けている」と説明。聴聞会を経て最大4年の資格停止処分を受けるか、故意でないと証明できれば軽減される可能性もある。

 不整脈などの治療に使用されるメルドニウムをめぐっては100件を超える選手の違反者が相次ぎ、リオデジャネイロ五輪を前に混乱している。(共同)

[ 2016年3月31日 08:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月21日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画