PR:

男子・学法石川 序盤の出遅れ響き7位も3年連続入賞

<全国高校駅伝・男子>7位でゴールする学法石川・真船

男子第66回、女子第27回全国高校駅伝
(12月20日 京都・西京極陸上競技場発着=男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロ)
 学法石川は男子で世羅に次ぐ存在と目されていたが、序盤の出遅れが響き7位に終わった。
 
 1区10位だった主将の阿部は「最低でも5位で渡したかった。ハイペースに対応できなかった」と悔しさをにじませた。3区遠藤が7人を抜いて挽回したが、上位争いへは浮上できなかった。中大時代に箱根駅伝の優勝に貢献した松田監督は「ピーキングが合わなかった」とあらためて難しさを痛感した様子。それでも入賞は3年連続で「選手たちはよく頑張った」とねぎらった。

[ 2015年12月21日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ