PR:

世羅アベックV!男子は大会新で最多9度目頂点 高校駅伝

全国高校駅伝男子で、大会新で連覇を果たした世羅のアンカー・新迫志希

 全国高校駅伝が20日、京都市の西京極陸上競技場発着コースで行われ、第66回の男子(7区間、42・195キロ)は世羅(広島)が2時間1分18秒の大会新記録で2連覇し、優勝回数は単独最多の9度となった。第27回の女子(5区間、21・0975キロ)の世羅は1時間7分37秒で初めて勝ち、1993年の仙台育英(宮城)以来2度目の男女優勝を達成した。

 男子の世羅は2区でトップに立ち、後続との差を広げて独走。2004年の仙台育英の記録を14秒更新した。2位は九州学院(熊本)、3位は倉敷(岡山)だった。女子は5区で向井が逆転し、2位の常磐(群馬)に9秒差をつけた。2連覇を狙った大阪薫英女学院は3位に終わった。

[ 2015年12月20日 15:42 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:08月24日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画