PR:

【箱根駅伝予選会】東京国際大が初出場、日大など10校に切符 国士大10秒届かず

<箱根駅伝・予選会>9位で予選を突破し、胴上げされる東京国際大・大志田監督

 第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(16年1月2、3日)の予選会が17日、東京都立川市で行われ、参加49校のうち、1位の日大など10校が新春の箱根路への切符を手にした。すでに出場権を得ている91回大会の上位10校のシード校と合わせ、出場20校が決まった。

 9位の東京国際大は創部5年目で初出場、法大は2年ぶりの出場を勝ち取った。11位の国士舘大と10位の上武大にわずか10秒足りず、涙をのんだ。前回出場の国学院大、創価大は出場を逃した。

 レースは陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までの20キロで競い、各大学それぞれ最大12人が参加。上位10人の合計タイムで順位が決まった。

 スタート時の気温は16度、雨が降り続く中でのレースは、ケニアからの留学生キトニ―(日大・4年)が引っ張り、10キロ通過時点の順位は順天堂大がトップ。以下、中大、拓大、日大と続いた。後半もキトニ―が独走し、58分20秒でそのままトップでゴール。上位3人が留学生で、日本人トップは4位の徳永(中大・4年)だった。

 【予選会順位】▼1位日本大 10時間6分0秒(4年連続86回目)▼2位帝京大 10時間7分20秒(9年連続17回目)▼3位日本体育大 10時間7分37秒(68年連続68回目)▼4位順天堂大 10時間7分58秒(5年連続57回目▼5位神奈川大 10時間8分1秒(6年連続41回目)▼6位拓殖大 10時間8分36秒(3年連続37回目)▼7位法政大 10時11分3秒(2年ぶり76回目)▼8位中央大 10時11分32秒(87年連続90回目)▼9位東京国際大 10時11分41秒(初出場)▼10位上武大 10時12分4秒(8年連続8回目)▼次点 国士舘大 10時12分14秒

 【シード校】▼青山学院大(8年連続21回目)▼駒沢大(50年連続50回目)▼東洋大(14年連続74回目)▼明治大(8年連続58回目)▼早稲田大(40年連続85回目)▼東海大(3年連続43回目)▼城西大(13年連続13回目)▼中央学院大(14年連続17回目)▼山梨学院大(30年連続30回目)▼大東文化大(4年連続47回目) ※関東学生連合はオープン参加。

[ 2015年10月17日 11:12 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月24日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ