PR:

舛添都知事 佐野氏に「裏切られた感じ」エンブレム問題、説明求める

舛添都知事

 佐野研二郎氏(43)がデザインした2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ていると指摘されている問題で、大会組織委員会が使用を中止する方針を固めたことが1日に判明。この日、舛添要一都知事は佐野氏に対し「裏切られた感じがする」と述べた。

 都内で報道陣の取材に応じた舛添知事は、この日午後に行われる大会組織委員会や東京都などの代表者で構成する臨時の調整会議に招集されたといい、「招集かかっただけなので行ってみないと分からない。場合によってはそのテーマになることも十分ありうると思っている。会議のメンバーとともに議論したい」とコメント。

 五輪エンブレムを制作した佐野氏については「非常に説得的な記者会見をおやりになって、こういう組み合わせで使うんだなあということもおっしゃったので、非常に説得的だった」と語った舛添知事。「IOC(国際オリンピック委員会)も組織委員会も続けて使うということですからその方針に従いましたけど、この一日の動きを見てみますと、展開例の背景になったものを勝手に引用したとか、元のロゴによく似ているということであれば、信用の問題にかかわるし、佐野さんにきちんと説明してもらいたい」と説明を求め、「裏切られた感じです」と率直な心境も吐露した。

[ 2015年9月1日 14:05 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月23日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ