PR:

空手は「雷神ジャパン」 日本代表の愛称発表

 2020年東京五輪での実施を目指す全日本空手道連盟は28日、日本代表の愛称を「雷神ジャパン」に決めたと発表した。稲妻の光が空手の突きや蹴りのスピード感に通じることや、英語で太陽が昇ることを意味する「ライジング」をかけた。

 この日は買い物客らでにぎわう東京ミッドタウンで、組手の実演イベントを実施した。昨年の仁川アジア大会男子84キロ級金メダリスト、荒賀龍太郎(荒賀道場)はスピード感あふれる攻撃を披露して歓声を浴び「空手は五輪にふさわしい競技。夢の舞台である五輪で金メダルを取りたい」とアピールした。

[ 2015年6月28日 17:26 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月20日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画